ブログ

いよいよワールドカップ開幕!何を見たい!?

いよいよワールドカップ開幕!何を見たい!?

コントロール・リスクス社との戦略的パートナーシップによって、シーリストでは11月20日から12月18日まで開催されているFIFAワールドカップにおいて、カタールの首都ドーハを訪れたアナリストによる現場での洞察を提供し、セキュリティやインフラレベルでのワールドカップ開催準備について言及してまいります。 ワールドカップのポスターやビルボードなどの広告は、市内の主要な場所、地下鉄などの公共交通機関、ドーハ中心部のウエストベイを中心とした高層ビルなどに掲載されています。アラビア語のal-Wa’ad(約束)は、大会を宣伝する最も主要な言葉の一つであり、国際イベントの準備と実行に対するカタールの約束を強調していますが、他方メディアや人権団体を含む組織から懐疑的かつ批判的に見られています。 大会に対する考え方は住民によって異なっています。特に物流関係の出稼ぎ労働者は、長時間労働が予想され業務の柔軟性がないためにあまり乗り気ではないようです。一方、アラブ系の駐在員からは、アラブの国や地域に国際的なスポットライトを当てる大会ということで、興奮の声が聞かれています。 一方、カタール人の中には、開催国であることを誇りに思う人もいれば、公共の場でアルコールを飲むなど、新しい文化的・社会的慣習に直面することが予想されるため、やや躊躇している人もみられます。 3-2-1 ドーハのスポーツシティスタジアムに隣接するカタールオリンピック・スポーツ博物館。出典 コントロール・リスクス 準備態勢  ワールドカップ開催に向けたカタールの準備態勢に関する我々の一般的な評価は、「中程度」の準備態勢としております。 政府は開催に向けた基本計画を実施しましたが、その後も頻繁に更新を続けています。例えば大会開始の6日前、カタール政府は8つのスタジアムの周辺に設置されるはずだったビールステーションをより「わかりにくい場所」に移動させるよう命じました。この計画はキックオフのわずか2日前に、ワールドカップ競技場の周囲でのアルコール販売が禁止されることが発表され、関係者に動揺を引き起こしました。 カタールは、アラブ諸国初の開催国であるだけでなく、開催国としては最小の国になります。例えば試合観戦のために30分も並んだり歩いたりすることに慣れていないカタール人への対応、観客の薬物使用への対応など、大会を通じて多くの新しい課題に直面することになりそうです。 大会で使用される8つのスタジアムのうち6つは、わずか50.96mi2(132km2)のドーハ市内にあり、残りは市外にあります。ワールドカップ期間中は人口の4分の1以上に相当する120万人という未曾有の来訪者を見込んでいるため、カタールは大会までの残りの期間と大会期間中、セキュリティと運営方法の調整を続けることになりそうです。 インフラストラクチャー  地下鉄をはじめとする公共交通機関は、欧米諸国の都市と同様に運行されています。しかし短時間で移動したい観客が多いため、駅での混雑が予想されます。 例えば9月9日に行われたフラッグシップスタジアム「ルセール」の開幕戦では、スタジアムまでの往復で公共交通機関のキャパシティが不足する可能性を示唆していました。ドバイなど地方の観光拠点からシャトルバスや地下鉄を利用して観戦するファンにとって、移動の利便性について疑問の声が上がっています。

Sign up for Insights!

Get additional resources to help you see the future:

Our website uses cookies. By agreeing, you accept the use of cookies in accordance with our cookie policy.  Continued use of our website automatically accepts our terms.

Subscribe to receive insights from Seerist.